お酢を食前に飲むと太らない!

毎日、お酢を摂取する習慣を続けています。お酢なら、リンゴ酢でも黒酢でも良いのですが食前におちょこ一杯のお酢を飲んでおくと血糖値の急上昇を予防できるため好きなものを食べても太りにくくなります。お酢が胃の中に入ると胃壁に薄いベールを張ってくれるので、糖質や脂質の成分を吸収しにくくなるのです。そのため血糖値が急上昇しないのでインスリンの分泌も穏やかになり結果的に脂肪を溜め込む体質が改善されて太りにくくなるのです。

そのままのお酢を飲むのはかなり刺激が強いのでお酢が苦手な人はもちろん、苦手ではない人でもなかなかスムーズに飲むことができない場合が多いようです。そうなるとなかなか長く続けることが難しくなってしまいます。その場合にはおちょこ一杯のお酢を200CCのお水で薄めて飲んでも良いでしょう。それでも酸っぱさが苦手で飲みにくいという場合には、少量のはちみつを混ぜると非常に飲みやすい酢のドリンクが出来上がります。

またそのままお酢を飲むのはどうしても辛いという場合には、献立にお酢を使ったものを食べてから米や糖質の高いおかずを食べると良いでしょう。お酢を使ったメニューといえば、わかめときゅうりなどの三杯酢などが癖がなくて美味しいですし、もしくはきゅうりや大根、人参、玉ねぎなどをお酢で作ったピクルス液につけたものを食前に必ず食べるというのも食べやすくて美味しいですから続けやすいでしょう。

このようにお酢の摂取方法は、お酢さえ含んでいればどのような形態でも良いので、気軽にダイエットに利用することができるのが魅力です。お酢は慣れてくればだんだんそのままでも飲むことができるようになります。ただし一つ注意しなければいけないのは、お酢を何も混ぜずに原液で飲む場合には、できるだけストローなどで飲むことをおすすめします。酢は非常に強い酸性なのでそのまま飲む時には歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことがあるのです。ですからなるべく歯に酢を触れさせないようにするためにストローで飲むことが推奨されているのです。

 

PR|生命保険の口コミ.COM|童話|四季の童話集|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|貯蓄|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|ショッピングカート|家計見直しクラブ|JALカード|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|